沿革

1999年10月 ホタルイカ・白エビ加工専門工場として、シラホフーズ株式会社を設立。
2000年1月 ホタルイカ自動煮釜、白エビ自動殻むき機を導入。
2006年2月 ホタルイカのアウトパック販売開始。
2007年3月 中国人研修生2名を受け入れ。
2007年12月 H19年度富山市ヤングカンパニー大賞 奨励賞受賞。
2008年7月 「地域産業資源活用事業計画」の認定を受ける。(北陸農政局、中部経済産業局)
2008年10月 白エビ殻の粉末活用を目的とし、粉末食品事業部を設立。
2008年12月 富山市ハイテクミニ企業団地内に粉末食品事業部を移転。
2009年7月 本社に乾燥室を増築。温風乾燥機、冷風乾燥機導入。
2012年11月 浜黒崎営業所を新設。営業部門を集約し、業務効率化を図る。
2015年1月 滑川工場を新設。これに伴い、浜黒崎営業所を廃し、営業部門を滑川工場に移転。